読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル人生ゲーム

まだいろんなことが初期段階です。

社会人10年経験して、社会人1年目にこうしとけばよかった話

春が近づいてるな〜なんて思いながら書いてます、maiです。

 

最近ふと、規則性のある気づいたことがあって、記録的な形で残そうと思います。

時期的にもちょうどよかったので当てはまる方がいたら参考程度にどうぞ。

 

私は今年30才になるんですが、10年くらい前こうしておけばよかったなってことを、

成人する20才の時または高校卒業の18才前後とか、大学卒業の22才前後くらい、すなわち、17〜23才くらいの若者向けに、卒業とか入学とか、成人式とか、入社とか節目のタイミングで考えてもらえたらなと思い書きます。

 

1.少しでいいから貯金しとこう

 

ある程度の『貯金=現金』は確保しておいた方がいいです。

予定外の出費がちょこちょこあったりするので、バイト始めたり、社会人になってお給料もらえるようになったところで、まずは毎月1万円ずつとか貯めといた方がいい!

ひとまず1年以内に10万円貯めましょ!

 

例えば友達と旅行行ったり、恋人にプレゼントあげたり、いざという時に出せないと悲しい気持ちになります。

自分がそうだったから・・・

もちろん身の丈に合った金額内で楽しむべきだし、いつか自分は貯金した方がいいタイプとしなくていいタイプとどちらか気づく時が来ると思うのでそれまでは『自分のお金を管理する』って意味でも貯金してみて欲しいです。

 

2.印鑑作っとこ

 

もう銀行口座持ってますよね。

銀行印って、百均で売ってるやつだったりしますか?結構多いんじゃないかな〜

なんかのタイミングで「あ!印鑑がいる!」けど持ってなくて慌てて買ったりしてたらどんどん溜まっちゃって、いざお金を引き出そうって時にどの印鑑だっけってテキトーに持ってったら違うってこと何回もありまして・・・

数えてみたら仕事のやつ合わせても銀行口座5個くらいあるし、それらしき印鑑が3本くらいあって、どれがどれだかさっぱり。百均の印鑑、パッと見一緒だしね。

今思えば、ちゃんと先に銀行印作っとけばよかったって後悔してます。

 

でも親に言われて実印は作りましたよー!

印鑑証明いるからね、大事な契約の時とかに百均の印鑑だと かっこ悪い ねぇ。

百均でもいいって人いるかもだけど、なんか偽造されそーと個人的に思ってちゃんと実印作ってよかったなって思いました。

 

よく目にするのが印鑑の3本セット。

実印と銀行印と認印の3本らしいのですが、ネットとか見ると1万円以下とかであるみたいですね。印鑑の材質で値段が変わるみたいですが、私個人的には

実印と銀行印の2本で1万円、認印はとりあえず百均、

もしくは3本セットで1万円くらいでいいんじゃないかなと。

 

銀行印はちゃんと作って全部の口座の印鑑を変えたいですが、今は認印と銀行印は百均のやつです。認印は必要に感じていないので百均のままで行くつもりです。

 

3.保険を検討してみて

 

保険に馴染みがない人にとっては入る必要ないと思いますよね。

実際私も「保険なんて無関係だわ」くらいに軽視してました。

しかし2年くらい前に必要性を感じてたまたま友人が保険会社の営業をやっていたので相談して、自分が納得いくようなプランを作ってもらいました。

民間の保険会社っていっぱいあってどの会社のどのプランを選んでいいか、さっぱりわからなくて、困りますよね。

やっぱり、納得した上で保険料を払いたいので、色々聞きました!

友人なので、気を使わず、流されることなくとことん話を聞くことができたのでよかったと思っています。話を聞いてみると年齢によって支払う保険料が異なるということがわk理ました。

なんと、若い方が保険料が安かったのです。

確かに払い続けると総額は大きくなりますが、そういった知識を入れて保険に入るか入らないか選択するだけでも違ってくると思います。

 

 

こういう事を学校で教えてくれたらよかったのになーと思い、記事にしてみました!

実行するかしないかは人それぞれですので一度考えてみるきっかけになればと思います!