読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル人生ゲーム真っ最中

まだいろんなことが初期段階です。

今日で自営業歴5年!貧乏バイト生活から幸せ自営業生活へ〜振り返ってみる話

maiです!

私は現在、自営でネット販売の仕事をしているのですが、

2017年2月1日をもって5年経過しました〜〜〜!パチパチw

 

5年前はまさか5年も自営業として働けるなんて思ってもみなかった。

 

起業から5年以内で8割は倒産してしまうらしーので

なんとか2割の生き残り組に入れたわけです。

 

今回は「どうして生き残れたのか」

起業からの5年間や起業前の悲惨なバイト時代を振り返りながら書いていこ〜と思います。

 

2011年12月で24歳だった私は近所の居酒屋で夕方から23時くらいまで週4日または5日のバイトをして生計を立てていた。

当時の時給は900円で毎月のバイト代はだいたい8万円くらいだった。

 

7万円の賃貸マンションで同棲していた彼氏と家賃は折半の3万5千円。

すでに残り4万5千円。

それから食費や生活費や携帯代や・・・毎月赤字でしたね・・・

 

朝から晩まで働きたくなかったから夕方からのバイトで貧乏生活を送って1年くらい経った頃だった。

この頃は本当に貧乏で、クレジットカードの引き落としに間に合わないなんて事もしばしば・・・(クレカの会社さん、申し訳ないです。今いっぱい使ってるから許してね☆)

 

そんな悲惨生活を送っていると、某製品を作る会社が販売も行いたいから私にやってほしいと。

その会社の社長はまぁ、父親なんですけどね。(以下:A社)

自分のスキルを活かして独立や努力や苦労をして独立したわけではございません。

 

貧乏バイト生活で見かねて声をかけた・・・

なんてことはない。というかあんまり口出ししない、自由にやらせてくれる

理解のある親だったので、販売の話のタイミングもよく、引き受ける事にしました。

 

私がやらなければ販売事業の事務員を雇ると言っていたので

やらせてくださいくらいの気持ちだった。(親にはそんなこと言わないけどw)

 

年が明け2012年1月は製造もバタバタしているし、私もバイトを急に辞めるわけにはいかないので2月から働くことになった。

 

商品は本当に売れるのか半信半疑だった。当時はただただそれだけだった。

私は買ったことも使ったこともないから売れる理由がわからず、やっていけるのか?

 

不安だったこともあり、まずはA社で月20万円の雇われとして働くことになった。

(あ、厳密に言うとこの時点ではまだ自営業じゃない・・・)

仕事は販売する製品の勉強や販売の準備、社内の掃除なども行った。

 

当初は1か月間で準備し、3月1日から販売スタート!

のつもりだったが、私の販売経験なんてせいぜいヤフオクでいらない私物を売るくらいで

「商品をネットでお客様に販売する」なんてしたことがなかったし、周りにも経験者なんていなかったし、準備が思うよういかず、期間が1か月と20日かかってしまった。

 

当時の販売記録ノートを見ると2012年3月20日に私が販売した商品第一号の注文が入っていた。

 

売ろう!と思って頑張ってはいたが、まだまだ半信半疑だったので第一号が売れた時には嬉しかったなぁ。

(ちなみに第二号は翌日21日に売れている。)

 

ぶっちゃけると・・・

今でもまだ売れ続けていることを疑っています。

自分で売っているにもかかわらず、未だ理解ができません。

 

なぜなら「私の生活環境にはない商品」だからです。

言い方を変えると、「私以外の誰かに必要な商品」ということです。

 

4月から「私以外の誰かに必要な商品」を売る自営業として独立すると同時に

父親の会社の事務員を外注として仕事をもらい働いています。

なので厳密に言うと、2つの仕事を行っている状態です。

 

A社の事務員としての仕事はアルバイト程度の報酬をもらっています。

毎月の請求書や変わらずやっている掃除、必要書類を役所に取りに行ったり

以前正社員を雇いたいということで申請の為に何度かハローワークへ足を運んだこともあります。

一応平日は毎日朝出社し、夕方までネット販売の仕事をしながらA社の仕事をこなします。

 

自営業としての仕事はA社の商品を仕入れ、売れば売っただけ売り上げとなり、給料としてもらいます。

最初に頑張って「売れるであろう仕組み」を作ったので

あとはお客様対応が日々のメインの仕事ですね。

 

今となってはこれから5年後も同じ仕事、あるいは別の仕事でもいいので

スキルや給料面をアップさせていこうと思っています。